« 60:トフラー先生の読書法(囲い込み戦略-1) | トップページ | 62:いじめ問題の背景と遠因 »

2006/10/03

61:ブログとは

先ず「生き」のいいこと。今日昨日の「新しい出来事」を映し出していること。気取ったテーマでなく日常の茶飯事でもよい。だが、願わくは将来それらが「世相を映した情報」として歴史の一部になるような話題がいいだろう。そんなブログが書きたいと、これは私のブログ内容についての宗旨変えである。
ということで現実を写した大阪の醜聞から入ろうか。

話題1:車上ねらい
近所の交番から「○○交番所便り」が回ってきた。「車上ねらいの被害にあわないために!」とあった。
「車の窓ガラスを割って、車内のカバンなどを盗む車上ねらいという犯罪があります。車上ねらいの被害にあうと盗まれたものは勿論、車の修理代や盗まれたカードが悪用される、あるいは個人の情報が知られるなどの二次被害も生じます…」と。ではどうするか?「車内を空っぽにしましょう」とあった。
こういう情報を情報化社会の恩恵と見るのは早計だろう。では行政の温情か?それも一寸違うように思われるが…。

つい先日テレビを見ていたら大阪がこの種の犯罪のワーストワンだという。車内に人が居ても仮眠などしていたら、ハンマーで窓ガラスを割り、気付いた時はカバンを持って逃げているという。窃盗の美学など全くない。まさに暴力的である。自ら汗水を流して働き稼ぐという気概も気迫も誇りもない。日本人は、そして商都大阪人はどうしてここまで堕落したのか?

1985年、スウェーデンのストックホルムで留学中の知人に会った時のことだ。成田で買った手みやげのウイスキーを手渡したところ彼は謝辞もそこそこに、乗ってきたスウェーデン製サーブのトランクを開けてしっかりと仕舞い込んだ。そのあと彼は、スウェーデン人になり切ったようにはにかみながら「酒類は車上荒らしに狙われます。見えるところには置いておけません」という。酒類の規制が厳しいこの国では休日になると船で隣国(ノールウエー?)へ買い出しツアーが行われているとも語った。
約20年遅れて日本も漸く福祉大国スウェーデンと同じような世相を迎えたのか? とも考えたが、いや違うと思い直した。酒類を狙う「アル中的犯人」の行動と、見境もなく金品を狙う現実の暴力的日本人とは明らかに質が違う。日本人の犯罪は近年悪質、陰湿、破廉恥に向かっている。

話題2:デジカメの画質
2年半ほど前に買った300万画素のデジカメを、私は最近まで愛用してきたが、先日姪が送ってくれた写真を見て愕然とした。私の写真の画質と比べて何と素晴らしいことか!聞けばカメラメーカー系の500万画素級の機種だという。ならば私もと先日500万画素の電機メーカー製のデジカメ(TZ1)を購入した。ここに添付の貴船菊(秋明菊)や彼岸花はその作品である。かなり満足の行く画質である。611

画質を問題にすれば、あるいはその道で長年精進してきたカメラメーカーに分がある?のではとも考えたが、画質以外の機能や手許のメディアカード(SD)が継続して使えるということで結局一台目と同じ電機メーカーの最近機種を購入した。
ただ、手許のSDカードが使用できるという判断は正しくなかったのでは?と思っている。私のSDカードの転送速度は2MB/sec.程度である。旧機での撮影では不便は感じなかったが、画素数の大きいカメラでの連写では、転送速度22.5とか20MB/sec.とかいう商品を使わないとチャンスを逃がすのではないか?と想像しているがこの解釈正しいものだろうか。その証明はこれからである。(2006.10.03)                               612

次のサイトに秋明菊(貴船菊)の英名は「ジャパニーズ アネモネ」というとある。
インターネット園芸大辞典シュウメイギク(秋明菊):
http://lining.kir.jp/flower/jiten/SYUKON/syumeigiku.php

|

« 60:トフラー先生の読書法(囲い込み戦略-1) | トップページ | 62:いじめ問題の背景と遠因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24683/12132500

この記事へのトラックバック一覧です: 61:ブログとは:

« 60:トフラー先生の読書法(囲い込み戦略-1) | トップページ | 62:いじめ問題の背景と遠因 »